帯ができるまで

図案 ずあん

博物館等に収蔵される古代の染織品や美術図書を参考にして、現代を生きるプロデューサーの審美眼を通して、これから創ってゆく織物のイメージを平面に表していきます。伝統が息づく中にも進取のエッセンスを交えて描いてゆきます。

紋意匠図 もんいしょうず

織物設計図(方眼紙)上に図案を落とし込みどのように織り上げるかを色分けしていきます。いわゆる織物の完成予想図。織物の工程の中でも最も大切な工程のひとつといえます。

原糸 げんし

繭から糸をとり出して、数十本を合わせ撚りをかけて生糸を製造します。
絹織物独特の光沢は元となる原糸の光沢からきています。

糸染め せいけい

織元の指定どおりに絹糸を染め上げていきます。微妙な色の調整は職人の勘がものをいいます。織元との信頼関係が良い色を作る重要なポイントであることは言うまでもありません。

整経 もんいしょうず

経糸(たて糸)の準備をします。織物に必要な長さと幅にそろえて整経機で整えていきます。目にも止まらぬ速さで手繰られる糸の中で不具合を見つけるのは、熟練した職人の指先の感覚が頼りです。

綜絖 そうこう

織物の組織や文様に合わせて、経糸をひきあげて緯糸(よこ糸)が通る杼道をつくる仕掛けのことをいいます。優れた綜絖は厚物から薄物まで幾種類もの織物をつくることができ、世界に誇る西陣織の技術の英知がここにあります。西陣織において重要な部分を占める大切な装置です。

配色 はいしょく

千色以上の色糸が常備してある糸棚から絵緯糸を選び出し、織り上がりを想定しながら織物設計図上に配置し、織士にむけて配色指示書を書きあげます。プロデューサーが図案設計時に表現したかった思いを基として独自の美の世界観を表現する最終作業です。

製織 せいしょく

最終工程となる製織。
織機には大きく分類すると手機と力織機(りきしょっき)に分けられます。どちらも熟練の職人さんが織物設計図と配色指示書に沿って丁寧に織り上げていきます。(株)鈴木の場合、小巾と広巾織物の2種類が可能です。

このページの先頭へ

京都 西陣 株式会社鈴木

〒603-8217 京都市北区紫野上門前町13 TEL075-491-4141 FAX075-491-4142 mail :info@kyoto-suzuki.co.jp

mail :info@kyoto-suzuki.co.jp